ロックミシンすげー

ドール服を縫うにあたり
端の処理をどうするかで悩みます。

ちなみに自分がイベントに出品している風呂敷の場合
初期の物は端を5mm幅で三つ折してアイロンかけてミシン縫い。
現在は三つ折しながら縫える器具(三巻押さえ)を使って
2mm幅の三つ折でミシン縫い。

だけどドール服だと
厚みが出るから三つ折はできません。
でも何もしなければボロボロほつれるので
厚みの出ないほつれ留めを施さないといけません。

一般的なのは
 1・ほつれ留め液ピケを使う
 2・ジグザグミシンで縫う
 3・専用のミシン(ロックミシン)で端を糸で包むように縫う

我が家のミシンは直線縫い専用で
ジグザグ縫いができないので2は却下。

1のピケ塗りは不器用なおかげで液の調整が難しく
ちまちま筆で塗って乾かすと
物凄い時間がかかるのが悩みの種。

夫が昔ドール服ディーラーをしていた関係で
我が家には幸いにもロックミシンが転がってます。
しかしそのカタチ ↓ が見るからにゴツくて難しそう…。
d0065610_1740525.jpg

注:参考画像
(株)ジューキ ベビーロック 糸取物語
http://www.babylock.co.jp/product/itotori/index.html


とはいえ、食わず嫌いはイカンので
夫に使いかたを教えてもらうことにしました。
練習なのでとりあえずいつもの風呂敷で。

結果:
d0065610_17482938.jpg


やべー!
思っていたより簡単だったー!!
しかも三つ折より綺麗かもー!

慣れたら風呂敷の端もロックミシンにしようかなぁと思いました。
[PR]
-------------------------------------------------------------------------

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by amiet | 2013-03-30 17:58 | 管理人のたわごと | Comments(0)

<< とりあえずブローチ とりあえずヘアピン >>